さよなら三角

sayonaraparis

村上友哉が明日、照らすと並行して行ってきた弾き語り。独特であり生々しい描写でバンドとはまた違った角度で描かれる村上の世界観は、弾き語りという最小限の表現だからこそダイレクトに胸に飛び込んでくる。村上友哉のルーツである80年代のフォークをもう一度取り戻すべく、歌とギターだけのシンプルな構成ながら赤裸々なメッセージ性と強烈なインパクトで弾き語るソロ・ユニットとして始動したさよなら三角。『会う』と名付けられたシリーズ企画では美容院、カフェ、レコード会社スタッフから同級生、ブログ読者、様々なバンドマンなど、村上が愛する人との繋がりを大切にした好企画としてシリーズ化している。明日、照らすが空から降りそそぐような希望を歌うなら、コンクリートを貫いて地面から突き刺すように歌うのがさよなら三角。村上のよりパーソナルな部分に迫ったユニットである。

メンバー

村上友哉(Vo/Gt)

HP

http://goodbyetriangle.asstellus.com/